よくあるご質問

教育理念

独立校として出発していらい、OCGはカリフォルニア州立大学ロングピーチ校の教育エキスパートの先生方をカリキュラムアドバイザーとしてお迎えし、効果的で画期的な日本語教育に取り組んでいます。x

総的な語学学習法。 日本語をアメリカで学習するには、日本語での日本語教授法は使えないということが ロングピーチの学習法の原点です。日本で暮らす子供達は毎日の生活のなかで日本語環境に囲まれており、自然に語彙や文法を身につけていくことが出来きるので、学校ではその既にある知識に、漢字やかなでの読み書きを教えていくことができます。しかし、ここでは、たとえご家庭内が全て日本語であっても、子供達は英語が生活の中心になっていて、日本語環境に取り囲まれるという体験はあまりありません。

よって、口語を読み書きと同時に進行させることで、日本語語学全体を総合的に学習していく方法をとっています。また、文章を教科書から写して覚えたり、漢字の書き取りを繰り返すという学習法は学習意欲をなくすことが多く、効果がみられないために当校では取り入れていません。

 

生涯を通しての日本語学習。 生徒は授業の内容が、普段の生活に基づいていて、子供の興味の対象であること、そして能動的であるとより良く内容が身に着きます。当校のカリキュラムは子供達の生活に関連のあるテーマに沿って話題を広げていくという学習法をとっています。そのテーマの例としては、日本・アメリカでの家族、家庭生活、学校生活、遊びやスポーツ、食べ物、健康や体、自然環境等です。多くのテーマは現地校での学習内容と重なるものがあり、相乗効果で子供達の理解を深めていきます。

授業はテーマにそって、それに関連のある日本語の語彙を増やし、漢字を習い、文法を習うという方法をとっています。生徒はクラスの中で、テーマに関する本を読んで話しあったり、作文を書いたり、プレゼンテーションをしたりと色々な学習法を通して日本語を無理なく習得することが出来ます。

もう一つの特徴は、生徒が受身で授業を受けるのではなく能動的・行動的な学習法目指していることです。授業にはテーマに沿った実験や製作を取り入れたり、小さいグループに分かれての討論や発表をします。また、宿題もテーマによって例えば家族にインタビューをして書き取ったりというものです。

このように、ロング・ビーチ学習法は斬新なアイディアと長年にわたるリサーチに裏付けされた日本語教育への取り組みです。当校の学習は他の学校に比べて簡単だということはありません。しかし、他の学校に比べてより楽しい学習法であり、卒業した後も、生涯を通して日本語を学んでいきたいという生徒を育てることを目指しています。

 

効果的な学習教材の開発。 当校で使用されている教科書や教材はこの学習法に全て基づいています。

JHLコースでは、当校オリジナルの教科書を作成過程中です。一年目は、アドバイザー方が「けんけんパ」という教科書を書きました。二年目は、当校の中心的JHL教師達が、アドバイザーの監修で、次の教科書を書きました。そのシリーズは、「ホップ、ステップ、ジャンプ」です。ついに今年は、3シリーズ目の「ことばのちから」を完成させています。

JFLのクラスでは、当校のメイン・アドバイザー、片岡裕子教授共著の「じゃんけんぽん」から教材を使っています。この教科書はOCGと同じ教育理念に則ったものです。

高校クラスでは国際交流基金(ジャパンフォウンデーション)が作った「エリンの挑戦!日本語できます」という教材を使用しています。

 

効果的な教え方の強化。.

過去三年間、ロングビーチのアドバイザー達は、毎週の様に我が校を訪れ、先生達を観察し、批評や指針を示して下さっています。先生方が教室でカリキュラムに則った教え方を常にしていくのに、アドバイザー達はかけがえのない力となっています。常に教師のトレーニングに余念のない学校というのは、当校だけだと自負しております。

OCGは教師達のトレーニングのサポートもしています。毎年、加州日本語教師協会主催の教師トレーニング・ワークショップには、全教師が参加しています。また、OCG主催やアドバイザー達による様々なワークショップにも先生達は積極的に参加しています。

Doraemon

けんけんパ・シリーズは、JHLクラス用にロングビーチのアドバイザー達が書いてくれました。この教科書は、上記で述べた「ロングビーチ学習法」を取り入れたものです。

ホップ・ステップ・ジャンプ・シリーズは、アドバイザー達の監修の下にJHLの先生達が書いた二年目の教科書です。

じゃんけんぽん・シリーズは、アドバイザーである片岡教授の共著の教科書で、OCG用に編集されました。JFLの低学年でこのシリーズは使用されています。

JFLの高学年と高校生向けの日本語コースでは、ジャパン・ファンデーション著のエリン教科書シリーズを使用しています。.

クラスの構成

OCGのクラスは、どんな日本語のバックグランドを持った生徒にも対応できる様に構成されています。

最も年少の生徒達は、二つの年齢グループに分けられます。新設のミカン・クラブは3歳4歳向け、幼稚園クラスは5歳6歳向けです。

一年生から二つのコースに分かれます。日本語継承コース(JHL)は、家庭内で日本語を常に聞く話す環境にいる生徒が対象です。 また放課後の個別指導もしています。

JFLコースは日本語を外国語として習得するのが目的のコースです。このコースは家庭内での日本語がJHLの生徒ほど多用されていない、または日本語環境では無い人が対象です。

JHL とJFL対象の境目は個人によって変わってきます。どちらのコースでも語学学習の基本である、読み/書きを聞く/話すというスキルとともに学習します。ただ、JHLのコースのほうが、漢字習得や文章の作成などの学習が早めに進むことになります。

 

OCGでは日本語を習い始めたばかりの高校生対象のクラスも実施しています。このクラスは会話習得が中心のクラスです。 多数の高校生はOCGのクラスで現地校の外国語クレジットを習得することができます。現在のクレジット対象学区は、アーバイン学校区とハンティントンビーチ学校区です(もし在席校にすでに日本語のクラスがある場合は対象外となります)。

For Our Youngest Learners

みかんクラブ

志垣 豊美

 

幼児部

加藤 伸江 

Elementary School division

継承日本語コース (JHL)

 

日本語外国語コース(JFL)

JHL 1-2

Ayumi Chandler

 

JFL 1-2

伊藤 Junko

JHL 3-4

岸水ひろみ

 

JFL 3-4

Yuka Suzuki

JHL 5-6

岸水ひろみ

 

JFL 5-6

瓜生典穂

中学部 • 高等部

継承日本語コース (JHL)

 

日本語外国語コース(JFL)

JHL 中学部

ファウチ美代子

 

JFL 中学部 l

Wakako Banuelos

JHL 高等部

ファウチ美代子

 

JFL 高等部

阪本 朋子

高校生対象の日本語クラス

Japanese 1

Agnes Moon

 

Japanese 2

阿部優子

成人向けの日本語

Adult Beginner

ネトルス ジョッシュア

 

Adult Intermediate

ネトルス ジョッシュア

Our TAs and Substitute Teachers

Keiko Borg

Christina Do

Noriko Gibo

Kyoko Halverson

Izumi Han

Yumiko O'Brien

Noriko Sasaki

Mayumi Suzuki

ワタナサン あつこ

Keiko Yano

Hiromi Yoshimoto

 

 

Cultural Classes

お習字

Akemi Tajima

 

いけばな

小川スミヨ

Noriko Gibo

通常授業のあとに、OCGの生徒対象に1時間のお習字教室をベテランの田嶋先生が教えています。

 

池の坊講師 小川スミヨ氏を招いて隔週土曜日9時から11時までいけばな教室を開催しています。生徒父兄以外の方も参加できます。

Our Curriculum Advisors

 

OCGに日本語教育法のアドバイザーとして参加いただいている方々は、アメリカ全土の学術会でも名の通った、"ヘリテージ教育"のエキスパートです。
ヘリテージ教育の対象者というのは、日本に住む日本人の生徒とアメリカに住む、日本や日本語との何もつながりのない生徒とのちょうど中間点にあたり、当校の生徒の大部分がこの"ヘリテージ教育"の対象です。

アドバイザーの方々は、様々な経験レベル対象の日本語教育の教材やカリキュラム作りを数多くこなしてきたご経験があり、今回OCGでも新たなカリキュラム作成のためにご尽力くださいました。アドバイザー皆様のご協力により、OCGはこれからも地域一の日本語教育を目指してがんばっていきたいと思います。

 


ダグラス 昌子 先生
OCG カリキュラムアドバイザー

カリフォルニア州立大学ロング・ビーチ校
アジア・アジア系アメリカ人研究 教授

ダグラス教授のご研究は年少からの口語を含めた、ヘリテージ言語の習得法がご専門であります。下は幼稚園児から大学生まで、JHL生徒の学習カリキュラムの開発に幅広く携わっていらっしゃいます。日本語教師会内で、JHL専門分会を主幹しており、JHLジャーナルの創立者でもおられます。

片岡 裕子先生
OCG カリキュラムアドバイザー主任

カリフォルニア州立大学ロング・ビーチ校
アジア・アジア系アメリカ人研究 教授

片岡教授は国際的に業績のある日本語教育法の権威で、日本語教育に35年以上、日本語教授法の教育に20年以上の実績を持っておられます。

学術野以外でも、国際交流基金の学術長・国際スタンダード委員会の主幹を兼任、大学の日本語AP(アドバンスド・プレースメント)試験監査にも関与なさっており、その業績は外国語教授法のリーダーシップ賞など数々の授与にたたえられています。また、息子さんは2010年の6月にOCGを卒業した、OCGファミリーの一員でもあられます。

 

 

 

知念聖美先生
OCG カリキュラムアドバイザー

カリフォルニア州立大学ロング・ビーチ校
アジア・アジア系アメリカ人研究 助教授

知念助教授のご専門は第二言語の習得法で、その中でもヘリテージ教育法、社会心理学とイマージョン教育をご研究されております。また、JHLジャーナルの編修委員としてもご活躍中です。

岩見幸子
OCG カリキュラムアドバイザー

Iwami sensei has been trained at CSU Long Beach. Since 2011 she has helped to oversee each portion of the OCG curriculum, as needed. She is currently working with the JFL elementary school classes.

 
© 2012-17 by Orange Coast Gakuen Japanese Language School. All Rights Reserved.