よくあるご質問

I. 学校全般に関して
1. オレンジコースト学園は新しくできた学校ですか?
2. 授業時間は何時ですか?
3. 学校はどこにありますか?

II. 授業内容に関して
4. 何歳から入学出来ますか?
5. 新しく入学・編入するにはどの程度の日本語が出来る必要がありますか?
6. うちの子供はJFLとJHLのどちらのコースに適しているかわかりません、コースの選択基準はなんでしょうか?
7. もし入ったクラスが子供にとって難しすぎる(または易しすぎる)場合、クラスを変更することは可能ですか?
8. カリキュラムはどのように設定されていますか?
9. 教科書はどのようなものを使用していますか?
10. クラスには何人ぐらいの生徒がいますか?
11. 現地ハイスクールの外国語単位をOCGに通って取得出来ますか?
12. 今まで日本語を習ったことの無い、現地ハイスクール生対象のクラスはありますか?
13. 今まで日本語を習ったことの無い成人対象のクラスはありますか?
14. 日本語だけではなく、日本の文化や生活も学習出来ますか?

III. 新入・編入学に関して
15. 入学を決める前に学校のツアー、クラスの見学や体験入学は可能ですか?
16. 夏の新学期に間に合いませんでしたが、まだ入学可能ですか?
17. 入学手続きはいつ、どのように行えばいいですか?

IV. 費用および、父母会の負担に関して
18. 授業料は幾らぐらいかかりますか?
19. 兄弟複数で通学する場合の学費の割引はありますか?
20. 父兄による父母会の仕事の負担が多いと聞いていますが、実際にはどのくらいの参加を要求されるのでしょうか?

I. 学校全般に関して

1. オレンジコースト学園は新しくできた学校ですか?
いいえ、当校はオレンジ・カウンティーで協同システムの日本語学園として35年の歴史があります。2010年の7月に協同システムから独自の学校として独立し、今まで以上に生徒・父兄の絆のある楽しい学校になりました。

2. 授業時間は何時ですか?
授業は毎土曜日の午前8:45分から午後12:30分まで行われます。

3. 学校はどこにありますか?
学校はハンティントン・ビーチ市の南部、21141 ストラスモア・レーンにあります。(地図はこちらから)。大部分の生徒はオレンジ・カウンティー全域から通っていますが、遠くはロング・ビーチやリバーサイドから通ってくる子もいます。

II. 授業内容に関して
4. 何歳から入学出来ますか?
We accept enrollment at age 3. and ouur oldest regular students are seniors in High School. We also teach language classes for adults.

5. 新しく入学・編入するにはどの程度の日本語が出来る必要がありますか?
当校のカリキュラムは様々なレベルの生徒に対応できるように組まれています。入学時に日本語のバックグラウンドがご家庭である生徒は、継承日本語コース(JHL)に、今まで日本語を習ったことの無い生徒は日本語外国語コース(JFL)をお勧めします。詳細についてはカリキュラムのページをご参照ください。

6. うちの子供はJFLとJHLのどちらのコースに適しているかわかりません、コースの選択基準はなんでしょうか?
当校の教員が入学時の面談、クラス内での観察を経て、どちらのコースに適しているか判断していきます。生徒の能力に適したコースを選ぶことは大変大切なことですので、ご父兄ともご相談を重ねて決定していきます。

7. もし入ったクラスが子供にとって難しすぎる(または易しすぎる)場合、クラスを変更することは可能ですか?
当校の教員は生徒ひとりひとりの観察を怠りません。学習が効果的なのは、生徒の現在のレベルから10%ぐらい上の挑戦をしていくことだと言われています。各生徒の一番よいレベルのクラスを見極めるよう、教員とご父兄で相談して決定していきます。

8. カリキュラムはどのように設定されていますか?
OCGのカリキュラムの目標は、楽しく身に付く日本語学習です。生徒の生活と興味に密着したテーマを中心に、従来の暗記に頼る勉強法ではなく、生徒が実体験を通じて知識を身につけていく学習法です。詳細に関しては、カリキュラムのページを是非ご覧ください。

9. 教科書はどのようなものを使用していますか?
継承日本語コース(JHL)では、“けんけんぱー”という教材を使用します。これは、OCGのためにロング・ビーチのアドバイザーによって独自に開発いただいたものです。日本語外国語コース(JFL)の低学年クラスでは アドバイザーの片岡裕子教授の開発した “じゃんけんぽん”という教科書を使用します。

日本語外国語コース(JFL)の高学年クラスでは、国際交流基金開発の”エリン“が使用されます。各教科書の詳細は追ってサイトに掲載予定です。

10. クラスには何人ぐらいの生徒がいますか?
伝統的にクラスは5-15名の生徒数です。平均として、8-10名のクラスを目標としています。

11. 現地ハイスクールの外国語単位をOCGに通って取得出来ますか?
Yes.  Currently, we have re-certified OCG with all High Schools in the Huntington Beach School District, Irvine Unified School District, and the Garden Grove School District. (The exeption are those schools where Japanese language classes are already offered).  For all other School Districts you will need to consult with the school counselor, as each school has different rules and regulations.

12. 今まで日本語を習ったことの無い、現地ハイスクール生対象のクラスはありますか?
現在の日本語のレベルに関わらず、ハイスクール生対象の日本語クラスを実施しています。また、希望者にはクレジットテストやアドバンスドプレースメントの試験勉強指導もしています。

13. 今まで日本語を習ったことの無い成人対象のクラスはありますか?
土曜日に1時間半ずつ、現在の日本語のレベルに関わらず、成人対象の日本語クラスを実施しています。

14. 日本語だけではなく、日本の文化や生活も学習出来ますか?
OCGでは日本語という語学を習うだけではなく、日本の文化を理解することも大切なことだと信じています。そのため、授業のなかで、日本文化や生活に関わる活動を通して、日本語を聞く・話す・読む・理解する学習をしています。

また、現在は在校生の希望者を対象にお習字のクラスを実施しています。(別途料金)

成人対象に、隔週でいけばな教室も土曜日の朝に実施しています。

III. 新入・編入学に関して
15. 入学を決める前に学校のツアー、クラスの見学や体験入学は可能ですか?
もちろん大歓迎です。お電話(714-235-5559)または電子メール(orangecoastgakuen@gmail.com)でご連絡ください。学校ツアーは土曜日の通常授業時間内(8:45分から12:15分)に行われ、実際の授業のご見学も可能です。詳細に関しては、入学ご案内のページをご参照ください。

16. 夏の新学期に間に合いませんでしたが、まだ入学可能ですか?
OCGでは通年で新規の生徒さんを受け入れています。習得ユニット制度のカリキュラムのため、年間を通して、いつでも入学可能です。

17. 入学手続きはいつ、どのように行えばいいですか?
8月・9月中は通常授業時間中に直接学校においでください。入学手続きは入り口正面で承っています。
10月以降の入学手続きは、電話または電子メールでご予約ください。詳細に関しては、入学ご案内のページをご参照ください。

IV. 費用および、父母会の負担に関して
18. 授業料は幾らぐらいかかりますか?
OCGは月額$60.00の月謝と$15.00の父母会費と、教育費として他にはみれない破格です。その他、年間の教材費$50.00と学校経営費$250と、入学時に$100の登録費が掛かりますが、合計を年間の授業時間数で割ると、時間平均で$5から$7しか掛からない計算です。

経費の詳細は入学ご案内のページをご覧ください。

19. 兄弟複数で通学する場合の学費の割引はありますか?
兄弟割引が適応されますので、入学ご案内のページをご参照ください。

20. 父兄による父母会の仕事の負担が多いと聞いていますが、実際にはどのくらいの参加を要求されるのでしょうか?
各ご父兄の最低限のご負担は、年間を通じて1つのコミティーにご参加いただくか、1日限定の行事のコミティーに2つご参加いただくだけです。当番制度は現在行われていません。

また、年間で最大のファンドレージングである、フードフェアーの参加によって、学校経営費の全額または一部を免除になる特典もありますが、参加はあくまでもボランティアで必須ではありません。詳細は入学ご案内のページをご覧ください。

実際には、普段から色々な行事等にご参加いただくことで、父兄同士でも連帯間が生まれ、やらなければならないから、という義務感からではなく、父兄も含めてOCGという学校をどんどん盛り立てていくために一体となってOCGファミリーを築いています。その繋がりが、OCGという学校をそれだけすばらしいものにしています。